ファイナンス系アプリのご紹介

こんばんは!金田満です。

本日は現在使用しているファイナンス系アプリのご紹介をさせて頂きます。

 FullSizeRender

様々な投資信託・ロボアド等ありますが、自分の判断基準は家計簿アプリ(Private Financial Management)と連携していることが一つの条件となっております。

中でも自分はMoney Forwardと連携していることを条件に導入していくかどうかを決めております。
今後、100年時代を迎えるにあたり、個人資産をどの様に増やしていくか、副業の収入がどの銀行口座にいくら入っているか、どの様に分散投資を行なっているか、状況を見える化していくことが必要かと考えております。 

そこで、自分はMoney Forwardを使用し、管理しております。
加えて、プレミアム会員をお勧めしたいと思います。
無料会員の場合は連携できる金融機関数が10個となっておりますが、プレミアム会員の場合は無制限となるためです。

47C75BA5-2897-45D6-A1C7-E41C585DEDB1

銀行などにしてもローン用の口座や給与受け取り用の口座等、多くの銀行口座を保有している人も多いと思います。
それを上図の様に一覧で見える化することができます。
加えて、自分の場合は、赤丸の部分は妻の銀行口座で、妻の銀行口座も含めて管理しております。

次の写真はクレジットカードになりますが、クレジットカードだけでもきちんと連携していくとかなりの数になっていきます。
自分の場合は、永久不滅ポイントに惹かれ、セゾンのAMEXをメインとしておりますが、マイル用のJALやAMEXが使えない店用に、VISAやMaster Cardも保有しております。
クレジットカードに関しては、また機会があればご紹介させて頂きます。

969D260A-0C18-4623-86C3-1091FFCCF4EF

先ほどのセゾンの永久不滅ポイントも結構たまり、資産価値が結構出ております。
このMoney Forwardのいいところはこの様なポイントは、有効期限を失念してしまうこともあるかと思いますが、有効期限も簡単にチェックできます。

01CA4D39-C1BE-494A-AA6F-FBFF780D342D

生々しいので、具体的な金額は控えますが、自分の資産ポートフォリオの中では、ポイントは結構多く感じることができます。
次の図の紫色の部分で約500,000万円分くらいの資産となっております。
ポイントに関しても、どの様なポイントを選ぶかと言うと、やはりMoney  Forwardの対象となっているかで決めております。
他の家計簿アプリでは片手落ちな感じがすることもありますが、Money Forwardであれば、大抵のメジャーな金融期間と連携されております。

78C7D928-1D76-4D21-9178-1EA5E651E1E5

 長くなってしまいましたので、ここで終わりたいと思います。
 
本日もありがとうございました。

 

最新情報をチェックしよう!